液体の動きを考える時に、熱流体解析でシミュレーションすることはとても重要です。
分析によって分かる事は多岐にわたりますが、これによって事前に様々な状況を考える事が出来る用になるからです。
流体の動きはとても複雑でイメージ道理に動くというような事もまず分かりませんし、その動きがどのような意味を持つのかも人の想像の外になると考えて良いでしょう。
津波などの事を考えても流体という物が極めて大きな力を持っているという事は明確ですから、これは極めて大切になるのです。

液体の動きはシミュレーションできる

液体の動きはシミュレーションできるので、これによって様々な状況を想定することが出来る用になります。
つまり、現実では到底実験することが出来ないような事をここでは設定することも出来るので、問題点があればそれを解決するための方法もそこから検討することが出来る用になります。
シミュレーションは単に液体の動きを理解するという事だけにとどまらず、問題があればそれを解決する為にはどうすればいいのかという事を考えて、その結果も出すことが出来るツールとなるという事です。
液体の動きを人が考えるという事は能力の範囲を超えていますから、まず出来る事ではありません。
その人では出来ない事をこれによって知る事が出来るわけで、このツールの利用価値という物極めて高いという事が言えるはずです。
様々な状況設定をする事が出来るので、どのような状態を設定すれば理想の状況になるのかという事も、これで十分に何度も検討出来るという事です。

部屋のレイアウトも事前にシミュレーション

部屋のレイアウトも事前にシミュレーションをすることで、理想の配置にする事が出来る用になります。
これは頭の中でも出来るという事にもなるかもしれませんが、この事を考えてもシミュレーションに価値があるという事が理解出来るはずです。
実際にモノを入れてから配置換えをするという事をしようとしても、限界があり場合によってはモノが入りきらないという事もあるでしょう。
ですが、シミュレーションを事前にしていれば、全てのモノが計画通りに綺麗に配置をする事も出来るようになるわけです。
これによって荷物運びの順番なども簡単に決定することが出来るので、全ての工程を円滑に進める計画を作る事が出来る用にもなります。
何もシミュレーションをしなければ、モノが入るかどうかすら分からないわけですから、これを行うのかどうかは大きな違いになるという事が分かるはずです。
このシミュレーションは予行演習のようなものでやればやるほど精度を上げる事も出来ます。