人間のアトピー性皮膚炎は有名ですが、犬のアトピー性皮膚炎も知られるようになっています。
10頭に1頭はアトピーの傾向があり、多くの飼い主が愛犬のケアを続けている状態です。
動物病院にいくと痒みに効くステロイド剤を処方してくれますが、ステロイドは強い薬で副作用もあります。
最近はステロイドに頼らずに栄養面からアプローチしている飼い主が増えています。
十分な栄養を与えて自然治癒力を高め、根本から体を変えることでアトピー性皮膚炎の改善が期待できます。

部屋から出てきた犬の写真で思い出した

部屋から愛犬の写真が出てきたので、昔の情景が走馬灯のようによみがえっています。
生まれたときはアトピーの症状などなかったのに、数年前から突然症状が出始めます。
人間でも同じような人がいますが、病院に行ってもはっきりした原因がわからないので困惑しています。
一般的にアレルギーは体の免疫システムがアレルゲンに過剰反応して起こります。
犬によってアレルゲンは異なり、主に3つに分かれます。
食事の影響でアレルギーが生じる犬もいれば、何かに接触したことでアレルギーが出る犬もいます。
何度もアレルゲンと接触すると、体の中に抗体が作られます。
アレルギーを予防するには、アレルゲンとの接触を避ける必要があります。
エサを与えるときの器にプラスチックや金属の器を使っている飼い主がいますが、アレルギー対策としてはホーローや陶器の器を使った方が安心です。
犬のアトピー性皮膚炎は、病院での治療と合わせてスキンケアと食事療法も必要になります。

犬も栄養を整えれば病気が良くなる

犬の健康を維持するには栄養のある食事が必要不可欠です。
栄養が足りないと皮膚の新陳代謝も悪くなります。
栄養バランスを考えたエサを与え、不足している栄養素があればサプリメントで補います。
アトピー性皮膚炎の改善には腸内環境を整えることも大切です。
善玉菌を増やすことで免疫力が高まり、血圧が正常になります。
アレルギー疾患を抑えることができ、ストレスの緩和も期待できます。
アトピー性皮膚炎は免疫に異常が出て起こります。
腸内環境が整って免疫力が上がれば、薬に依存しなくても症状を抑えることが可能です。
乳酸菌を摂取する場合、サプリメントを使えば効率よく善玉菌を増やすことができます。
サプリメントなら食欲がない日でも無理なく必要な栄養を摂取することができるので便利です。
愛犬の状態を常にチェックし、健康状態に合わせて与える量を加減できます。
病院だけでなく自宅でもケアを続けることで、回復が早まった犬もいます。
アレルギーの症状は犬によって異なるので、状態をみて最も適切なケアを行うことが重要になります。